Bl 小説 無料。 BL小説一覧

無料 bl 小説

早速で悪いが君を連れて帰りたい」 「は?」 そして、聖女の仕事を頼んでいた彼は雪の街スノーブルクの辺境伯レスター様で私を連れて帰りたいと言い出し私はそのまま、教会からレスター様の邸に連れて行かれた。 しかし、アリシアは私以外の女性と一切関わるな、と言うつもりもなかったし、幼馴染とも関係を切れ、なんて狭量なことを言うつもりも無かった。

18
皇女殿下の紹介で素敵な友人を紹介され幸せな日々を送る最中、婚約者のエイミールが乗り込んで来るのだったが…。 貴族にありがちな親と親との政略結婚だった。
無料 bl 小説

ただ作品を見せていただいて、他の作品と一緒に載せられない(内容が著しく異なり、同梱するのが難しい、など)場合は、参加回に限り、お断りする可能性がございます。

13
しかしこれまでアンナがしていたことが全部ベンに回ってくると、次第にベンは首が回らなくなってくる。 興味のある方は奮ってご参加ください。
無料 bl 小説

「リーシャは立派な聖女なんだろう? ならば一人でも十分にやっていけるはず。

4
……いったいこれで、何度目のドタキャンだろう。
無料 bl 小説

そしてアリシアは家からロバートを追放しようと決意する。

*ご質問は、有生の作品ブログ「卵乃緒戸」の「お問い合わせ・ご意見」ページよりお問い合わせください。
無料 bl 小説

二人は応接室に向かうとそこでキャシーはとんでもない発言をする。 まだまだ未熟者です。

どんなに馬鹿にされようと耐えてきたが、学園入学と共にそれは崩れ去る。 貴族ですから受け入れますよね?」 彼の望み通りに動いているはずの妻の無意識で無邪気な逆襲が始まる。
無料 bl 小説

教会で仕事を押し付けられる日々の中、コツコツ貯めた小銭を金貨一枚に交換した帰りに一人の男性に出会った。

12
。 本当の幸運の女神はサラだと言うことに。
無料 bl 小説

「Copyright(C)2021-九十九沢まほろ」 他サイトにも投稿してます。

19
父から、「出来損ないはレイベッカ伯爵家に必要ない」と告げられ、家から勘当されてしまう。
無料 bl 小説

これは私を騙してきた罰なのだよ」 騙したつもりもないし実際に今も聖女の力は解放し続けている。 応援して下さった皆様ありがとうございます! 伯爵のトーマスは「貴族なのだから」が口癖の夫。 「聖女リーシャ、邪魔だから国を出ていけ!」 突然ダルエスト陛下は私にそう言う。

20
二人は婚約した後、何事も無く結婚して、ロバートは婿養子としてこの家に来た。 『ごめんなさあああい!!!』 最初っからギャン泣きクライマックス。
無料 bl 小説

家族に見捨てられたサラであったが、エリオ・ルトナークという男性と出逢い、幸せに向かって運命が動き出すのであった。 こまめに更新できればと思っています。

3
しかし結婚してから一ヶ月経った頃、「出かけてくる」と言って週に一度、朝から晩まで出かけるようになった。