山崎 55。 山崎55年がオークションで 約8,500万円で落札!?山崎55年の買取価格は?

55 山崎

1964年といえば東京オリンピックがあった年。 決済方法は「クレジットカード」か「銀行振込」が用意されています。

約15年前、山崎50年のストレート(15ミリリットル)を5000円で提供していたのを記者は目撃している。 最後に、私の考える 『山崎55年』の想定価格について改めてまとめておきます。
55 山崎

最後に、私の考える 『山崎55年』の想定価格について改めてまとめておきます。 私が書いた作文の内容については、商品が届いた後にでも公開する予定です。 ウイスキーの購入者には宣伝してもらえるようにするとさらに効果的でしょう。

そこで今回は、私の『山崎55年』当選に関する話に加えて、ジャパニーズ・ウイスキーの根強い人気から考える 『山崎55年』の価値(価格)について考察と予想をしてみたいと思います。
55 山崎

実際に商品が届くのは2020年7月以降ということもあり、買取専門店などの業者も含めて 『山崎55年』の市場価値はまだ未定(不明)のようです。 広報担当者によると、もともとテイスティングカウンター向けの山崎50年は数量が限られていたため、現在は提供を終了しているという。 右肩上がりの日本産ウイスキーのバブルを誰もが信じているのであれば、この価格で売れていてもおかしくはありません。

19
700ミリリットルで価格は100万円。 わしには想像できんようレベルのストイックな体調管理、日々の研究と探究心、優れた味覚と磨き抜かれたセンス。
55 山崎

以上が『山崎55年』の応募から購入までの流れです。

5
Q10. 05年に50本、07年に50本、11年に150本がそれぞれ販売されている。
55 山崎

中には5,000万円の提示もありましたが、その人の過去のツイートを見る限り、到底5,000万円を払えるようには見えないので冷やかしですね。 特に、今回のリリースを背負っとる福與伸二チーフブレンダーのプレッシャーは半端やないもんがあったと思う。

13
私自身、海外からも色々と話はもらっていますが、今回は 国内買取業者による買取価格に絞っています。
55 山崎

それぞれ2005年(1st Release)50本・2007年(2nd Release)50本・2011年(3rd Release)150本です。 一方、『山崎55年』の「希少性(流通量)」に関しては限定100本という希少価値はありますが、 発売からの経過年数によって高まる要素かつ 販売当初は一定量出回ると考えられるため、短期的には価格を大きく底上げする要素としては大きくないと思われます。 購入辞退者が出た場合の繰上当選に備えているのでしょうか。

20
この「山崎55年」は55年以上熟成した希少な超長期熟成の山崎モルト原酒の中から、1964年蒸溜のホワイトオーク樽原酒や1960年蒸溜のミズナラ樽原酒など、熟成のピークを迎えた原酒をブレンダーが厳選し、ていねいにブレンドし完成させた、まさに世界的にも貴重なボトルとなる。 テイスティングカウンターでは山崎や響だけでなく、蒸溜所ならではの構成原酒など約30種類を提供している。