桜島 大根。 桜島大根

大根 桜島

発芽したら、不織布は取り外します。 パサパサな感じが良いとおもいます。

5
さらに、しばらく経過すると、もう、だいぶ育ってしまっています。 桜島大根は普通の大根と違って、寒くならないと大きくならないのだそうです。
大根 桜島

桜島大根は、植えてから最初の出荷まで約4カ月位だそうです。

富士山の灰でしょうか? いや、どこからか持ってきた土だと思います。
大根 桜島

生食でも甘味があり、食味のよい大根です。 種まき方法 種を播く2週間以上前に、目の細かい堆肥を施肥しておきます。 熟していない桃や柿などと思えば近いものです。

8
畑を見てきました 畑には、植付けの終わった桜島大根が並んでいました。
大根 桜島

これを 「間引き」といいます。

分割発送は受けかねますので、別送をご希望されますお客様は、お手数ですが別々に商品をご注文ください。 または、ご質問や、ご確認事項、もう少し詳細を知りたい方は、[ジャパンクロップス]のよりお気軽にご連絡ください。
大根 桜島

地元では〝しまでこん〟としてほとんどの農家が栽培して粕漬けなどで食べられていました。 肥料を吸う力が強いですので肥料の量を多くする必要はありません。 鹿児島の条件が限られた場所でしか育たないと言われている桜島大根は育てるのが難しい! 火山灰が豊富で、夏が長く、冬が来るのが遅い、成長期間が長い、かつ、肥料もどんどん与えていかないと、すぐに肥料分が抜けてしまいそうな感じです。

7
仏の大根と変わりません。
大根 桜島

元肥をしっかりと効かせて生長を助けます。

完全に冬場が多くなりました。