モンク スキル 回し 5。 【FF14】パッチ5.4『モンク』最終装備

回し 5 スキル モンク

この回しは2回目の紅蓮バフが乗った破砕を入れるのがシビアです。

12
「型」は「演武」を使って1段階ずつ進めることができるため、開幕に「参の型」から始めて素早く疾風迅雷を溜めることも可能です。
回し 5 スキル モンク

結果的に「崩拳 」は2回撃つことになり「破崩崩」とマワシます。 この約3秒をどう考えるかですね。 疾風迅雷考慮時のGCDは1. おすすめなのは以下の3つです。

20
(計算間違ってなければ そして、なにより交互の方が回しやすいです。 2つの違いと装備の選び方について! 理論型は「安定指向」です。
回し 5 スキル モンク

あと、基本の回しとサブステの取り方が多分変わります。 また、「桃園結義」を使用する際は、「紅蓮の極意」と同タイミングで使用すること、パーティが周囲に集まっている状態で使うのを意識しましょう。 ただ、前述した通り無我で付与される迅雷のタイミングが一定ではないので、シナジーを入れるタイミングが前後してしまい他シナジーとのズレが生じることもあります。

8
討滅戦• スキルスピードに余裕があるなら、開幕の破砕拳前に双掌打入れるとなお良しです。
回し 5 スキル モンク

だいぶ色々挟みますね。 この回しであれば下記で説明する「双正正回し」のように双掌打バフが切れるタイミングがないため安定します。 4で「双掌打」の威力が以前よりかなり上昇したことから、でも十分火力が出せるのでこちらを使っていくのが丸いです。

蒼気砲 リキャストが30秒のため基本リキャストごとに使っていきます。
回し 5 スキル モンク

漆黒のヴィランズ• 「双竜脚」と威力が同じになったため、例えば踏鳴中に双竜脚で終了するパターンの時は双掌打を入れて、踏鳴終わりのバフ効果時間を維持できるようになった。

2
ただ、 開幕を破砕拳にするか崩拳連発するかをいまだに悩んでいます。 新しいWS 壱の型 対象の打耐性を減少させるWSですが、 「壱の型」が付与されいる必要があるので初撃に(「壱の型」がない状態で)使っても効果がないので注意が必要です。
回し 5 スキル モンク

1からはあまり有用とは言えないスキル回しになっているともっぱらの噂。

19
その間に参の型のスキルを一度も打たなかったら… スタックした迅雷 全て一気に消失 チーン 全部消えたらまた最初からスタックし直し。 2段目は「双掌打 」で与ダメアップのバフを付けたら「正拳突き 」を2回撃ちます。
回し 5 スキル モンク

ヒーラー• 回転の速いアビリティと通常スキルを方向指定しながら回し、90秒ごとにバーストというとても操作が忙しいキャラに変わりました。

16
00で威力期待値74なので4秒以下なら闘気を溜めて即コンボを開始出来るようにしましょう! 【長い場合】 「闘魂旋風脚 」:「六合星導脚 」と組み合わせて使いましょう!(その場合六合星導脚から使う)失った「疾風迅雷」は「無我 」で回復させますが、最大12秒かかるため、六合のリキャストと合わせて16秒以上の時間がある場合です。 1 2 3 双竜脚 側面 双掌打 側面 破砕拳 背面 4 5 6 連撃 背面 正拳突き 背面 崩拳 側面 7 8 9 双竜脚 側面 双掌打 側面 崩拳 側面 10 11 12 連撃 背面 正拳突き 背面 破砕拳 背面 なお、1ループ目の3コンボ目の破砕拳は18秒間を入れるスキルなので、 毎ループごとに破砕拳を入れる必要はありません。
回し 5 スキル モンク

羅刹衝はいわゆる突進技。

8
また、SSが早すぎると次のバースト時の最初の破砕が紅蓮を撃つ前に返ってきてしまうのでSSの調整が必要です。 レイド 零式 再生編• 無我回しの利点 無我回しは踏鳴回しと違って紅蓮の極意と桃園結義のバフが乗ってる間に、 高威力の双連コンボができるのが利点です。
回し 5 スキル モンク

1からはあまり有用とは言えないスキル回しになっているともっぱらの噂。 どの型からも始められるためかなり便利な技に。 無我は 疾風迅雷0状態からでも時間経過で徐々に付与 満タンになれば最大秒数でストップ されていくという一見素晴らしいスキルなんです. 演武は殴れない間に殴ってるつもりで実行するイメージ。

1
「陰陽闘気斬 」も闘気の蓄積がランダムなため、開幕以外は省略しています。