小説 書き方。 二次創作字書きがなんかすごい小説を書くための4Step|長谷川ミオ|note

書き方 小説

話している人数が増えれば増えるほど、会話文の描写は難しくなります。 それなのにわざわざ「妹のエミリー」と表現し、 親友なら知っていそうな姉妹の関係を説明しはじめたのは、少し不自然です。

会話文を上手に使えるようになると、テンポを落とさず設定の説明ができたり、キャラクターの魅力を最大限にアピールできたりします。 ここでは、ストーリーがどのように進んでいくのかを登場人物の心情、キーワードを踏まえるのがベター。
書き方 小説

それから、考え方の変化を考えます。 5W1H(When、Where、Who、What、Why、How)をもとに話の流れをまとめていきましょう。

16
前のめりにカガツキの懐に飛び込み、刀を右上空へ振り上げる。 。
書き方 小説

山形の声だ。

セリフは読みにくくならない程度の口語で ある程度の「口語」を使うのがセリフを書くときの基本です。 「書き方」の問題は大きく2つに分けることができます。
書き方 小説

舞台設定 登場人物たちが生きている舞台について考えます。

台詞を表すときには「」(かぎかっこ)をつける決まりです。 しかし、文章の意味がおかしくならない範囲で行わなければなりません。
書き方 小説

物語の題材は例えばミステリーなら「文豪の死体が目の前に転がっていた」とすれば、読者は「文豪が誰に殺されたか推理する物語なのか」と予想できます。

ナレーターがいて、読者に向かって話しているような感覚です。
書き方 小説

一人称視点で用いられる、「ぼく」「わたし」ではなく、人の名前や名称で表現されます。 小説では、純文学を中心に書いています。

8
視覚以外の感覚の描写(剣を握る感覚、鍔迫り合いの感触、血の臭い、高鳴る心臓の音、身体を巡る激しい血流など) 見たままの事実を書くだけなら誰にだってできます。
書き方 小説

「あいつが俺のARデバイスを奪ったんだ。

13
親友のミアは「いつものクッキー」と言っているのですから、エミリーの存在は知っているはず。