すべて が 加速 する 世界 に 備えよ。 2030年:全てが「加速」する世界に備えよ

加速 に 備えよ すべて が する 世界

これから出る本をさがす• すでにミレニアル世代の10%以上が車を所有するよりライドシェアを選択していますが、そんなものでは終わりません。

12
スティーブン・コトラー ジャーナリストにして起業家。
加速 に 備えよ すべて が する 世界

2021-06-04• え、こんなことになるの?! 今の技術でもここまでできんの?! っていうことが山ほど書かれています。 ただ、レジがなくなるとはどう言うことなのか。

3
現在、社会はテクノロジーの変化によって大きな変貌を遂げようとしています。
加速 に 備えよ すべて が する 世界

新着記事. アンテナ貼って生活していきましょっ。 ・金融市場にも変化があり、貧困国では銀行の利用もできない状況から携帯電話の通話時間を通貨とする「エムペサ」が状況を変えていったこと、ブロックチェーン技術による暗号通貨の流通、クラウド融資、キャッシュレス化の進行など、現状起きていることについて述べられていました。

まとめ 「2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ」は、とてもおもしろい本でした。 人と人を合成するにはかつては複数のセンサーやカメラが必要だったが、今はのカメラだけでよい。
加速 に 備えよ すべて が する 世界

。 投稿者 投稿日: カテゴリー , 投稿ナビゲーション アーカイブ• あと10年なんとか生き延びて、このワクワクするような夢の世界が現実の世界となっているのを見届けたいものです。 こんにちは。

5
・不動産市場ではVRとAIによる住居選び、水上都市という立地の創造などについて述べられていました。 難解な専門用語には適切に注釈が書かれており、明瞭な文章で論理的に構成されている。
加速 に 備えよ すべて が する 世界

この損失回避性のせいで、現実の社会では「技術的には可能だけれど、やらない」という決定が多くなります。 投資家のピーター・ティールも2011年に『そういえば、あの「未来」はどうなった?』と題したマニフェストで、「空飛ぶ車を期待していたのに、結局手に入ったのは140文字でつぶやく自由だ」と憤りを見せました。

12
古くからSFに登場していた「空飛ぶ車」は、もはやサイエンス・フィクションではなく、サイエンス・ファクトになった。
加速 に 備えよ すべて が する 世界

電子洋書• 惑星への移住も夢の話ではなくなってきたようです。 2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ 著者: ピーター・ディアマンディス、スティーブン・コトラー (NewsPicksパブリッシング) 目次• 自動車産業の統合進化が加速する こうしたトレンドは、2つの破壊的変化をもたらします。

3
ブロックチェーン こう並べると、著者が書いているように本当に革新的な技術が列をなしてやってきている感じします。 これからの時代のリーダーには、自分の得意分野以外の知識がますます求められます。
加速 に 備えよ すべて が する 世界

つまり、コンバージェンスの時代を生き抜くのに重要なのは、常に学び続け、情報をアップグレードすることなのだ。 2021-05-31 カテゴリー• テーマを理解するのに役立つ用語説明、概念の図解を含み、論理構成は良く推敲されている。

3
つまり、コンバージェンスの時代を生き抜くのに重要なのは、常に学び続け、情報をアップグレードすることなのだ。