独り言 病気。 ずっと独り言をしゃべり続けている人

病気 独り言

トピ内ID: 6098294198 独り言を言っている自覚があるトピ主さんとはちょっと違うかもしれませんが、参考になれば。

2
今は肩身の狭い専業主婦です。 他にも、プライドが高い人の中にも、独り言が多い人もいます。
病気 独り言

うつ病では、表情変化に乏しくなり、無気力で自責的、食欲不振に陥る人がいる一方で、病型(病気のタイプ)によっては、本当は疲れているのに休むことができず過活動傾向になる人もいます。 いつもと違う状況に遭遇すると臨機応変な対応ができない。

12
独り言は悪いことではありませんが、公共の場などで何度も独り言を話していたり、大きな声で喋っていると周囲から「変な人だな~」というような目で見られる事が有ります。 そのため、『突然怒る』や『誰かと話しているような話し方やトーン』などが特徴として挙げられるでしょう。
病気 独り言

こういった独り言は病気ではないので、問題はありません。 このときは視野が狭くなり、自分自身もしくは集中の対象しか見えていない状態になります。 一人暮らしの場合は、ふと寂しさや孤独を感じたときに、その気持ちを忘れるために独り言が多くなる場合があります。

13
約束を忘れやすく、待ち合わせをすっぽかすことも。
病気 独り言

オウム返し 自閉症の人の特徴に話しかけられた言葉をそのまま繰り返して話してしまう「オウム返し(エコラリア)」というものが有ります。 前述のようにADHDや強迫性障害、自閉症などを合併した場合の治療については、「」・「」・「」も参照。 家で独り言が多い原因は? 家で独り言が多い人の場合、仕事やプライベートで何かストレスを抱えていて不満を漏らしたり、スポーツ試合などをテレビで観ているときに独り言が出ることが多いです。

6
それから、トゥレット障害と言われる障害が原因で起こる独り言もあります。 この場合は急に仕事を振られたときに「面倒~」「だるい~」とかだったり、イライラしたときなどに「ふざけんなよー」など言ったり、良い事があると「ヨシッ!」と言ってしまったりです。
病気 独り言

友人 男性 が同棲している女性が独り言を夜な夜な言うらしく、時には会話というか、相手が目の前にいるかのような言い争いなどをするらしいです。 音量ではなく、「仕事上で無関係の言葉」「その場にそぐわない発言」として耳に入りやすいからです。 乱暴またはネガティブな独り言を言うような状態も相当危険ですが、本人の様子が普段どおりであれば病気ではないでしょう。

1
これはとっさに思い出したことを反射的に口にしてしまう独り言になります。
病気 独り言

親しく触れあうことが苦手• もし思い当たることがあればこのチェックを行ってみてください。

4
色々と調べてまとめてみました。 エマ・バーン著『悪態の科学』第3章 トゥレット症候群 外部リンク [ ]•。