ダン まち レフィーヤ ベル。 ダンまち

ベル レフィーヤ ダン まち

関連項目 …流石にあそこまで酷くはないが同類。 関連記事 親記事. モンスターである自分のことを治療し、連れ出してくれたベルに心を開きます。 リューは、かつて所属していたでの情景を回想し、見殺しにした仲間、正義への裏切りなどについて吐露するが、ベルはリューの正義は生き続けていると告げ、リューにその言葉が染み渡る。

19
鍛冶師として、武器は使用者と最後まで寄り添うべきと考えを持ち、使用者を残して壊れる魔剣や、さらに自身の技術と関係なく血のみに由来して鍛錬できるを憎んでいる。
ベル レフィーヤ ダン まち

一抹の不安に立たされたその時、 「あの、レフィーヤさん?なんで僕の頭を撫でてるんですか?」 「え?あ、いや、これはその…」 当の本人が起きていた。

20
立ち居振る舞いや仕草が洗練されており、とある海国の姫であると噂される。 何よりもベルを英雄に押し上げることを優先しており、この点についてはと目的を共有し 、応援者としてお節介をしてゆくとベルにも直接伝えている。
ベル レフィーヤ ダン まち

パーティは目標である25階層へ進攻し、巨蒼の滝に感嘆しつつ、強制任務の要求アイテムや迷宮のお宝を順調に入手する。 ちゃっかりしているものの、基本的にドジッ子体質。 詳細はの節を参照。

10
本拠に連れ戻されると、フレイヤの眷族達からベルの今までの出来事は呪詛による偽の記憶だと決めつけられる。
ベル レフィーヤ ダン まち

かつては冒険者だったが、モンスターから瀕死の重傷を負った心的外傷により冒険者を廃業して薬師に専念している。 現場では親指の疼きを信じた直感に基づく判断も行い 、自身が先頭に立って味方を鼓舞することで仲間の士気を高める天才でもある。 かつては名の知られた中堅ファミリアだったが、物語開始当初は派閥の等級がHであり、団員がナァーザだけという零細ファミリア。

明確に好意を持ったのはいつかは分かりませんが、ある神と同様に「魂の色」を見分けていると言われています。 52階層で砲竜による階層無視の砲撃を受け、選抜隊は二隊に分断され、砲撃の穴に落下したレフィーヤは、フィルヴィスやアイズとの訓練でものにした魔法のを早速実践し、深層のモンスターを一掃してティオネたちと共に58階層に降り立つ。
ベル レフィーヤ ダン まち

本編では… このように外伝『ソード・オラトリア』では目覚ましい活躍を見せる彼女だか、 本編の方では時折存在しているような描写がされるのみで、台詞もほぼ無くモブ以下のような扱いである。

の神友であり、彼女が下界に降りた時からホームとなる廃教会を与えたり、バイトを紹介したりと何かと彼女の世話をする。 声 - ギルドの主神。
ベル レフィーヤ ダン まち

ベートをここまでおちょくれるのはロキぐらいでしょうね。 騙されたにもかかわらずリリを助け出すベルに困惑します。 それは、アイズが冒険者として成長していく度に、忘れていった心。

12
女主人が作った食事を平らげたリューは、宿代を含めて5000万ヴァリスの借金を言い渡され、シルは嘘っぽく泣き崩れ、リューは「豊饒の女主人」で働くことになる。
ベル レフィーヤ ダン まち

本編1巻でウェイトレスのシルが街で偶然出会ったベルを店に誘い、従業員たちとベルは知り合い 、本編と外伝においてヘスティア・ファミリアやロキ・ファミリアが宴会の場に度々利用する。 本編16巻で自身がシルでもあるという正体が明らかとなる。

16
常に冷静沈着で表情を表に出すことはあまり無いが、実直で武人肌な性格。