デュエプレ 新 弾。 【デュエプレ】最新情報!! 第9弾「武者聖戦伝」カード情報《聖鎧亜キング・アルカディアス》!

新 弾 デュエプレ

《凶骨の邪将クエイクス》 3 リリース時は個人的にもっと評価が低かったのだが、使われているうちに評価を改めた1枚。 仮にバジュラを砕かないのであれば、一貫性?を大事にする人はキープしておこう。

【青単リーフ】【青緑リーフ】【赤青リーフ】などの ドローエンジンとして現在大活躍中。 両者ドローという事でリスクに目をつぶれば相手のLOを早めることができる、アンタッチャブルなので最後の打点として除去されにくいという部分を生かしていく必要があります。
新 弾 デュエプレ

1年後に1マナの海底鬼面城が出てこっちが主流になったのでオーバースキルはアンタッチャブルのクリーチャーという部分をを生かす必要があるのですが生かせる場面が無くて使われなかったです。

5
水文明 《アストラル・リーフ》 5 デュエマの歴史の生き証人2。 ・覇竜凰ドルザバード 進化ティラノ・ドレイクでありイラストが凄く人気のあるこのカードも遂にデュエプレに実装! 紙と比べて面倒な条件がなくなり多少強化されました。
新 弾 デュエプレ

バトルゾーンに出た時、相手の 多色 レインボー でないクリーチャーをすべて手札に戻す強力能力を持つ。 ボルメテウスと似た能力であり、ドルザバードのブレイクしたシールドのSトリガーは使えません!しかも登場時で1枚ブレイク出来るので、1ターンで3枚のシールドをブレイク出来ます。

元のゴッドが3コストと4コストなので合わせても7コストと比較的出しやすく、実質SAでブロックされず、更に破壊されても手札に戻るので、マナに7コストある限り何度も出し続け攻撃することが出来ます。 デュエプレ版ではマナコスト2に変更となったが、TCG版では「探索したゴッドを山札の一番上に置く」効果だったが、「手札に加える」になっている。
新 弾 デュエプレ

と違い6コストと出しやすく、新弾でティラノ・ドレイクのコストを軽減できる竜音のキラが収録されるので、使いやすく強力なフィニッシャーと言えます。

バロム様専用前座であるため、そもそもバロムを持っていない人などは砕こう。 TCGでは 極神編 バイオレンス・ヘヴン 第3弾「 超絶VS究極 ドラゴニック・ウォーズ 」に収録された《アクア・ウェイブスター》。
新 弾 デュエプレ

デスチェイサーはデススモークと同じく除去範囲の広い呪文でありながらシールドトリガー付きのカードです。 《光器ペトローバ》 5 デュエマの歴史の生き証人1。 ブロッカーを無視できるのはヘブンズゲートなどのデッキに対して非常に強力なフィニッシャーだと思います! Rなので集めやすいのも良いですね。

15
ネプチューンはとにかくオリカ次第になります。
新 弾 デュエプレ

どんどんずるいことしていきましょうw ちなみにですが、コートニーがいればドルバロム出てきてもマナ破壊から守れる利点も一応あります。 それらは本来13マナなのですがその文明だけにすると8マナで使える様になるよという条件、つまり単色デッキ縛りを求められる訳なんですが・・・実はコートニーがバトルゾーンにいればどんなデッキでも8マナでインビンジブル呪文が使えちゃうんです!! ずるですね、ずる。 され、第一弾は「新弾SRの評価」についてになります。

14
そのデッキを使う気がないなら砕く。