ルーブル 美術館。 パリのルーブル美術館、「全作品」をウェブサイトで無料公開へ。名画「モナリザ」含む48万点以上(ハフポスト日本版)

美術館 ルーブル

13世紀から1848年までの作品がコレクションされており、12名のがその展示に責任を負っている。 「ルーブル」では作品は国、地域別に展示されており、17世紀フランドル絵画、16世紀オランダ絵画、 15~16世紀ドイツ絵画、17世紀フランス絵画といった具合です。

贅沢なことですが、この作品だけを観にルーブル美術館へ通っていた時期もありました。 1869年に美術品収集家の医者ルイ・ラ・カズ が遺贈した583点の美術品からなる「ラ・カズ・コレクション Collection La Caze 」には、のフランス人画家、らの絵画が含まれており、その他ラ・カズ・コレクション由来の著名な作品として、のオランダ人画家の『』、ロココ期のフランス人画家の『ピエロ(旧称『ジル』)』などがある。
美術館 ルーブル

1945年初頭、それまでに占拠されていたフランスが解放されると、各地に分散していた美術品が元通りルーヴル美術館へと戻されていった。

8
宮廷の移動にともなうヴェルサイユ宮殿の改築工事は遅れがちではあったが、遷宮は予定どおりに行われ、が不在となったルーヴル宮殿は、たちの住居兼として提供されることとなった。
美術館 ルーブル

象牙と銀の宝石箱、966年。

8
鑑賞する者に「満足」ではなく「不可解さ」や「不気味さ」を植え付けてしまう、何とも心に残る名画です。 紀元前190年頃の海戦の勝利を記念して制作された彫刻とも言われています。
美術館 ルーブル

10月には国有財産保存委員会が設置され、美術コレクションを一般展示するための準備が進められた。 古代ギリシア・の収蔵品には、宝飾品、『オーセールの婦人 』(紀元前640年ごろ)や『サモスのヘラ』(紀元前570年 - 560年ごろ)のような石灰岩彫刻がある。

15
これはフランス共和国を象徴する女性像マリアンヌの姿である。 芸術鑑賞は、その時代背景や作者の意図などを頭に入れておくことでより深く楽しめます。
美術館 ルーブル

ルーヴル美術館開設当時には100点ほどの彫刻しかなく、ほかの王室コレクションの彫刻の多くはヴェルサイユ宮殿に移設されていた。 「なぜだか分からないけど、どうしても心に残ってしまった」作品について、お話していきますね。

2
イタリア絵画のコレクションはフランソワ1世が始めたもので、、 らルネサンス期のの作品を購入し、のちにを自身の宮廷に迎えた。 かつて(テュイル)製造工房があったことからと呼ばれるこの宮殿は、フィリベール・ドロルムの設計で、1563年から建築が開始され、完成には約1世紀を要した。
美術館 ルーブル

fr)のアクセス数が急増しており、同サイトも刷新されている。 古代オリエント美術部門は、西側地域(、、、、)、、の三地域別に細分化されている。

7
密かな人気、知る人ぞ知る作品。
美術館 ルーブル

従来の宮殿入口には、多数の来館者をさばききれないため行列ができるという問題があったが、ナポレオン広場の広大な地下エントランスがその問題を解決した。

8
2013年1月10日閲覧。