ハンセン病 家族 訴訟。 ハンセン病はいま<276>家族訴訟は今①

家族 訴訟 ハンセン病

ある回復者の方はそう言って、私の手を握り、笑顔で見送ってくれた。 しかし、元患者や家族を排除してきたのは、地域社会で暮らす私たちだったことも忘れてはならない。

こうした国の間違った防疫対策により、不当に社会から阻害されたハンセン病患者家族に対して、責任を争ったのが、今回の裁判です。 家族が補償を請求し、被害回復と、病歴者と家族との関係回復につながればと思う。
家族 訴訟 ハンセン病

2001年5月に熊本地裁が勝訴判決を下し、当時の小泉総理が控訴断念して解決しました。 」 2015年12月1日発行) 《ハンセン病家族訴訟》 患者への国の誤った隔離政策で差別や偏見を受け、家族離散を強いられたとして、北海道から沖縄までの元患者の家族561人が国に損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた集団訴訟。

19
思えば、国によるハンセン病患者への隔離政策は、人と人とを分断し続けた。
家族 訴訟 ハンセン病

根本厚労相は「通常の訴訟対応の観点からは控訴せざるを得ない問題があるのは事実」としており、首相による政治判断を強調した。 判決では、2002年以降に、家族に患者がいると認定した原告の請求は棄却。 さらに、国会議員についても、平成8年までらい予防法を廃止しなかった立法不作為の違法を認定してます。

3
無らい県運動も継続され、偏見、差別が深刻化する。
家族 訴訟 ハンセン病

それ以前に元患者の家族と認識した原告は、偏見や差別を受ける立場にあったと認定した。 請求期限は施行日から5年。 (強制隔離の)被害を受けた患者さん、父たちもつらかっただろうけど、その家族は世間にさらされてどれだけつらかったか。

6
しかし官邸幹部への取材で、この発言を受けても、控訴の流れに変わりはないと受け止めました。
家族 訴訟 ハンセン病

「癩予防法」は、1953(昭和28)年に「らい予防法」として改正されます。 北海道から沖縄までの元患者の子やきょうだいらが16年、1人当たり550万円の賠償を求めて提訴していた。

2016年に始まり19年6月に熊本地方裁判所で国の責任を認める判決が出された。 でも二回目からはなんともなくなった。
家族 訴訟 ハンセン病

本判決は、前記判例に該当するとまではいえないにもかかわらず、らい予防法の隔離規定を廃止しなかった国会議員の立法不作為を違法としております。

18
「病」そのものとは別の苦しみを引き起こしてしまう痛ましい現実が浮き彫りになっている。
家族 訴訟 ハンセン病

この事実を深刻に受け止め、患者・元患者とその家族の方々が強いられてきた苦痛と苦難に対し、政府として改めて深く反省し、心からお詫(わ)び申し上げます。 【消滅時効】 原告らは鳥取地裁で15年9月9日に言い渡された判決をきっかけに、代理人弁護士らから、国が加害者であること及び国の加害行為が患者の家族との関係においても不法行為を構成する可能性を指摘された。 日本も明治時代の旧法「癩 らい 予防法」により終身隔離などの措置を行っていた。

4
九州・沖縄• このような判断は、前記判例に反し、司法が法令の違憲審査権を超えて国会議員の活動を過度に制約することとなり、国家賠償法の解釈として認めることはできません。
家族 訴訟 ハンセン病

だが、名前を明かした人はわずか数人。 最高裁で係争中の別の裁判などに影響することへの懸念もあり、政府内には控訴せず判決を確定させることはできないとの意見が強かった。 「遊ぶな」とも誰も言わなかったですよ。

10
【国会議員の過失】 国会審議などから、国会議員にとって、65年にはらい予防法の隔離規定の違憲が明白だった。 また、新法一五条は、入所患者の外出を厳しく制限し、これに違反すると同法二八条で罰則を課することになっていたが、昭和30年 1945年 代までは外出制限について厳格な取扱いもされていた。
家族 訴訟 ハンセン病

法務省幹部は「弁護士から伝えられた時点を起算点と認めれば、消滅時効の意義がなくなる。 我々は、ハンセン病問題の真の解決に向けて、なお一層の力を尽くす所存である。

16
30代の息子が、家族訴訟に原告として参加。 私たちの取材は十分ではありませんでした。