俺ガイル ss 心の声。 八幡「小町と喧嘩してしまった」

Ss 心の声 俺ガイル

今ちょっといいですかね?」 八幡(イヤホン着用で電話中)「待て! それはダメだ。 私が普通の感性を持ってないとでも思っているのかしら?」 八幡「ははっ、変わんねぇな、お前」 雪ノ下「それはそうよ。 ここは妹に寄り添い、会話をしなきゃいけない。

31 平塚「ああ、そうだ。 変化球を考えないとダメか) 八幡「……俺に毎日味噌汁作ってくれ」 小町「毎日作ってるでしょ?」 八幡「それもそうか」 小町「はぁ。
Ss 心の声 俺ガイル

93 道路に飛び出した犬。

5
26 文化祭本番。 返事を考える時間を下さい」 八幡「いいけど……」 八幡(なんでこんな慌ててるんだこいつ?) いろは「…………」 いろは(やばい。
Ss 心の声 俺ガイル

今の会場は何を言っても一度言った言葉を引っ込められないのか、葉山の味方をしたいのか解らないが止まる気配が無い。 比企谷の態度」 女子「あいつ、良い事しか言わないから優しくしてやったのに調子に乗って」 女子「ほんとそれ。

14
生徒会室に戻り、パソコンにタイムテーブルを打ち込む。
Ss 心の声 俺ガイル

ビークールビークール。

三浦も観客の一部に呆れていた。 熱を出したってだけでこの有り様だからな。
Ss 心の声 俺ガイル

「体調はどうだ?」 「もうだいぶ良くなってきた!」 「そうか、よかった」 「おにいちゃん、ありがとな」 「いいんだ。

16
58 「…おにいちゃん」 「なんだ?」 「…元気になったらまた抱っこしてね。 ぐっと拳を握り直し、トトトンとノックをする。
Ss 心の声 俺ガイル

……それはきっと、もう変えられない。

10
うまく伝えられるかはわからない。
Ss 心の声 俺ガイル

現に戸部にフリースローが与えられた。

11
なんて俺は心優しいのだろうか。
Ss 心の声 俺ガイル

校舎の玄関を出たところで小町が大げさに叫んだ。 自分は自分の為に生まれてきたのではないのだろうか。 足を止めて由比ヶ浜がくるのを待つ。

だが、大岡が弾いたからこっちボールからだし比較的ゴールにも近い。