ケータイ 小説。 Adult Novels Search : 大人のための小説・物語、官能小説、日記・体験談、エッセイ、エロ小説、etc

小説 ケータイ

本田透はリアル系ケータイ小説のことを「現代が生み出した宗教的な民間説話」であると分析しており 、石原千秋はリアル系ケータイ小説に登場する、レイプされるなどしながらも男性遍歴を重ねていく少女のことをにおける貴種のようなものだと述べている。 また、将来的には読者みんなのステージのような存在になりたいと思っています。 2000年当時はiモードに対応したは販売されていなかったが、別の機器を使用する事で携帯電話内にを取り込むことは可能だった。

16
の対応のを入手したとき、「これはテレビを越えるものになる」と衝撃を受ける。 前述()したように体験記・日記のような感覚が執筆する例が初期には多かったが、時間の経過につれて小説家になることを志望して執筆を行う傾向も生まれている。
小説 ケータイ

児童文学評論家のによると、ケータイ小説が誕生し受け入れられていった背景として、末の「リアル系」というジャンルが挙げられるという。 実は「ベリーズ・カフェ」は当初、文字通りカフェのような、ミュージシャンから小説家までが集まる場所を作ろうと思っていました。 5万部くらいのものが多いですが、ほとんどが実売8割程度で、重版がかかるものも少なくなく、いくつかはロングセラーになっていきます。

20
しかし、これら以外に携帯電話でプレイできるがいくつかある。 『PLANETS vol. メリットは、読者を間近に見ることができることです。
小説 ケータイ

』は口コミで広がり発売3か月で16万部。

1
2009年に『』がプレーヤーの行動によってストーリーが分岐し、原作にはないエピソードなども用意されるを配信、2010年に『ワイルドビースト』が原作者の書き下ろしストーリーで登場人物のひとりとの恋愛シミュレーションゲームを配信(ネイティブアプリ)。
小説 ケータイ

また、出版社が提示した予定発行部数は自費出版時の10万部には、遥かに及ばないものだった。 七つの大罪と誰主体かを問わず罪としていることに対して、それはヒロインの罪の意識と一緒にある苦難、罰であり、好きでもない男性とのセックスやレイプのように穢された、汚いと感じるヒロイン、性体験なしに罰のみを受ける場合も自己肯定感が低く、ともに自分は価値はなく汚い(罪深い)からどんな目(罰)にあっても仕方がないと甘受、そこに救いの手、絶対的な愛を受けて初めて自己肯定感を回復する。

4
サイト立ち上げ当初は1日5〜10人程度しか閲覧者がいなかったが、渋谷センター街でサイトのを書いたを配り、2,000人以上のに名刺を配り宣伝した。 スマホの登場でディプレイが大きくなったことで画面サイズをあまり気にせず一行が長くなり一般小説の表現に近付いていくようになり、画面を活かすためにイラストなどで演出効果をもたらす作品も増えた。
小説 ケータイ

不良ものでも、ラブコメ系でもよく目にした展開でした。 そして5年ぶりの作品発表。 ブーム以降 [ ] 2008年からは紀伊国屋書店年間ベストセラーランキングのトップ100にも入らない作品が増えたため、ブームは過ぎたと見る向きもある。

1
かつてのケータイ小説サイトでは読者と著者が直接やりとりをできるメッセンジャー機能がついているのが普通でした。
小説 ケータイ

実際、例えば『Deep Love』の著者のYoshiは、作品の一部を読者からもらったメールを元に構成したとしており、『恋空』や『赤い糸』・『天使がくれたもの』でも「フィクションである」という断りをいれながらもそれぞれ「実話を元にした」「本当の話でもある」「わたしの体験談である」ような物語であるとされている(『恋空』や『赤い糸』の主人公の名前はそれぞれ美嘉・芽衣であるが、作者のペンネームはそれと同じ美嘉・となっている)。

16
- 『イメクラの血液。 ケータイ小説書籍の売り上げが2008年から落ちているのは、魅力的な作品がほぼ出版されつくしたからだという意見もある。
小説 ケータイ

(これも余談だが、Arcadiaもウェブ小説の「捜索」掲示板としての機能も重要だったし、 「なろう」はウェブ小説を検索する煩雑さを感じた創業者の梅崎祐輔が「まとまって小説が読めるサイトがあればいい」と思いついたことから生まれている)。

9
内容の特徴 [ ] ジャンルとしては・・・・・ など多岐にわたるが 、特に少女を主人公としたが多くを占める。