ジャッキ アップ ウマ。 ウマ(リジットラック)の使い方入門。足の向き注意!

アップ ウマ ジャッキ

。 と言うお話です。

5
右前だけの1箇所や車の右側の前後といった使用は大変危険になるのでNGです。 (^^; ここはボルトが見えています。
アップ ウマ ジャッキ

予めご了承ください。

デファレンシャルに掛けて良いよとかとか。 この連結棒の回し方のコツとしては、ペダルを漕ぐように力を加える事です。
アップ ウマ ジャッキ

そんな軽視した考えで何か起きても誰も責任は取れません。 リジットラックを掛けたい位置の真下に置くと、ジャッキを下ろしていくと、車がズレていきます。 下に潜って作業する場合、もしウマが外れて車が落ちてきたら…考えるだけで恐ろしいです。

ジャッキでは不安定なため、ウマ(ジャッキスタンド)を掛けて作業しましょう。
アップ ウマ ジャッキ

太いホイールを入れておけばおくほど、スペース確保に繋がります。

ここでは、ジャッキアップ方法とウマのかけ方を紹介します。
アップ ウマ ジャッキ

ただ、ウマといえど伸ばした状態だと、どうしても不安定にはなります。 二人で作業でブレーキ踏むとか、 ペダルにつっかえ棒とか インパクトレンチでギュ~ン とかはありますが、 なんで、少しだけ緩めといたほうがいいのか想像つかない場合 こーゆーのって、一度やってみると身に沁みます。

トルクレンチがない場合 タイヤのパンクなどの緊急時やトルクレンチを持っていない場合でも、車載レンチを正しく使えばほぼ規定トルクをかける事が可能でよ。 ジャッキアップ後にはリジットラックを使う• サイドのジャッキアップポイント• リジットラックに車を乗せた後は、外したタイヤを車の下に入れる癖も合わせて付けておいて下さい。
アップ ウマ ジャッキ

車重ごとによって、似たような造りをしていても、補強の入っている場所や入れ方が異なる場合があります。 ジャッキアップは必ず、平坦な場所で行いましょう。 車の下に人や動物がいないことを確認してからジャッキダウンしてください。

10
マフラーを交換以外でも、タイヤのローテーションや交換、オイル交換などをDIYでと思うなら、車のジャッキアップは必須です。
アップ ウマ ジャッキ

車を持ち上げるだけで何もしないなら、話は別ですが、下回りのボルトを緩めたりした際に力を掛けてバランスを崩しことは容易に想像が尽きます。 これは、フロントのジャッキアップ時の話限定になってしまいますが、サイドブレーキを掛けないと、ジャッキアップする際に車が動いてしまうので危険です。 ちなみに僕が使っている、フロアジャッキは『コストコ製』のジャッキです。

20
砂利の上でジャッキアップはしない 当たり前ですが、砂利や砂の駐車場では極力ジャッキアップはしないことをお勧めします。