び しゅう の 大地 ネタバレ 44。 美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女~【第44話】ネタバレと感想!|漫画市民

44 の び しゅう 大地 ネタバレ

北海道らしいエピソードですよね。 お金持ちの圧力には弱いですね。

なんだかんだ言って、土壇場で綿貫に「生きて」と「泥船」から逃してやるんじゃないのかな、と。
44 の び しゅう 大地 ネタバレ

それまで、自分がハナになぜそこまで執着するのかがわからなかった深見は、ハナの事を理解できるなら、どんなことでも教えてほしいと菊乃に話す。

5
サチを思い、悲しみと怒りで警戒を忘れた森哉の背後から銃口が… 相手は森哉がとんでもないことしてしまった相原の上司。
44 の び しゅう 大地 ネタバレ

「なぜそんなことに?」 おそるおそる聞く百子に対し、敏恵は答えず、代わりに質問してきます。 「これ」があの敏恵なのか、とかろうじて敏恵と認識しつつも、人間離れした状態に呆然とする百子。 あの絢子の微笑はそういう意味だったのか、もっと深い意味があるのでしょうか。

4
ハナは困惑していました。
44 の び しゅう 大地 ネタバレ

それにしても森哉、一気に男として成長した感じがしますね。 他の女中たちとも仲は悪くなかったようですが、辞めたのが突然だったくらいでした。 そして今回は、森哉と柏葉の緊迫した闘いも見ものでした。

ハナは母親と弟を失うことに。 進司のことをあの時の自分であり「市村ハナ」でもあると思うのです。
44 の び しゅう 大地 ネタバレ

それだけサチのことを母のように慕っていたのでしょうか。

9
菊乃は深見の提案を受け入れるのでしょうか。 追うものと追われるもの 柏葉の言葉から、サチにこれまでのいろんな事件の容疑がかかっていると知る森哉。
44 の び しゅう 大地 ネタバレ

今までもこれからも、お互いしかいないんだ。

19
まったく面影がありません。
44 の び しゅう 大地 ネタバレ

白川と絢子は多分何かを隠しているのではないかと思っていますが、それが瀬尾サチの殺害と関係性があるかどうかはわかっていません。 加也は悲しむこともなく、どうでも良さそうに欠伸をした。

17
辰雄の近くに転がっていたもうひとつの硫酸を拾おうとしますが、そこを敏恵が斧で 斬りつけます。
44 の び しゅう 大地 ネタバレ

でも一つだけ確実なことは殺人の罪を背負うことだと綿貫はその場に座り、進司と目線を合わせて話かけました。 物資を調達したり、重要な情報を提供するハナの協力者、という立ち位置の鶴田でしたが、 『ほぼモブキャラ』だったのが、ここにきてサブキャラくらいに格上げしそうな勢いですね。 綿貫がどんな目的で診療所に行ったのかが明らかになれば、パイセンの真意も分かるかもねー。

1
地獄から蘇り悪魔の毒薬女となった百子と、ハナへの執着心で再び蘇った死神敏江の対峙。 深く愛した母と弟が、絢子によって水底へ沈み、 「市村ハナ」の心もまた深くて暗い海の底に沈んでしまった・・・ すべてを奪い、憎んでも憎み足りない存在である「高嶋津 絢子」を倒す!と、美しい顔を歪め短刀を突き立てたハナの本気度が感じられます。