牽強 付 会。 四字熟語「牽強付会(けんきょうふかい)」の意味と使い方:例文付き

付 会 牽強

何よりもな事案には普段生活する上で大半の皆さんが遭遇しているはずです。

牽強付会の意味 「牽強付会」の意味は以下の通りです。 牽強附会の牽は、牽引の牽でもあり、「ひっぱる」という意味があります。
付 会 牽強

「けんきょうふかい」と読みます。

16
「自画」は「自分の描いた画」、「自賛」は「自身を褒めること」を意味します。
付 会 牽強

信じたくない気持ちはわかるけれど、都合の悪いことを全て 牽強付会していてはいけないよ。

20
我田引水に陥る• 【例文1】彼のな言動はいつもの事だ。
付 会 牽強

例文としては、「今日の会議での君の発言は、少しだったと思う」や「あなたの意見はだった」としようします。 似たような意味で我田引水という四字熟語も存在しますが、こちらは自分勝手に利益を得ようというニュアンスが強いため、 政治家などが自身の不祥事を訴求された際に無理がある言い訳を指す際の四字熟語はが適していると言えます。 例文2. 彼は 牽強付会をするところがあるから、あまり信用できないんだ。

5
道理に合っていない理屈であっても、無理矢理自分の都合のいいようにこじつけることを表します。
付 会 牽強

「我田引水」と「私利私欲」の違い 「私利私欲」の意味は 「自分だけの利益や欲望。 特に「牽強」は牛が畑作業をしていた光景を考えると当時の時代を感じさせられます。

2
「我田引水」は自分の田んぼにだけ水を引き、他人の田んぼのことは一切考えないということからきています。
付 会 牽強

牽強付会の類語 牽強付会のには「」というがあり、のにを引くというが。 牽強付会な名人と上司の陰口を叩いていたら本人に知られ、倍返しで僻地に左遷人事で飛ばされた。 議論を意味あるものとするためには、普段から「牽強付会」ばかりせずに、さまざまな意見に耳を傾ける姿勢を養っていくことが求められます。

14
牽強付会 けんきょうふかい : 自分に有利となるように、強引に理屈をこじつけること。
付 会 牽強

したがって、「牽強付会」は 道理に合わないことを無理に行うために、理屈をこじつけることを意味します。 我田引水の傾向 などがあります。 「牽強」は「道理に合わないことを無理に合わせようとすること」 「付会」は「無理につなぎ合わせること。

「得手勝手」は「他人のことを構わずに、自分の都合の良いことばかり考えてわがまま放題のこと」 「我田引水」は「物事を自分の都合のいいようにまたは、利益になるように取り計ること」 「得手勝手」と「我田引水」はほぼ同じ意味です。 がめつく」というイメージが強くなります。
付 会 牽強

牽強付会のまとめ 「牽強付会」は、政治家など権力者が得意とする性分で、自らの都合良く物事をこじつけたり、強引な理屈で自らに都合良く解釈する事です。 「我田引水」は比較的よく使う表現ではあるので、しっかりと使い方を理解する必要があります。

13
我田引水の説• そこから、「牽強」は強く無理に引っ張ること、つまり道理に合わないことを無理矢理ねじまげることを意味するようになりました。
付 会 牽強

「牽強付会」の場合は、直接的な迷惑行為というよりは、事実や道理、又はこれまでの経緯などは全て無視し、己やそのグループの利益を守る為に都合良く解釈します。

6
もし相手の言っていることが屁理屈だな、こじつけに過ぎないな、と感じた時には、「な意見だな」と言うことができますし、逆に相手の意見に角を立てないよう違う解釈を提案したい時には「かもしれませんが、手前はこう考えておりまして…」と切り出すのもいいかもしれません。