コロナ 予言 江原。 江原啓之さん、コロナ禍を語る「これは人間の醜さ暴く“あぶり絵”」

予言 江原 コロナ

『』!『2021年』の『予言』!『破滅』と『地獄の入り口』の意味は 基本的に、高次元の存在は、個人的な人に対し、恐怖を煽るメッセージは伝えません。 今後、第2波、第3波の流行に備え、専門病院を設置する計画などもあるそうですが、まずは、医療の現場を守らなければなりません。 私、個人的には、男性の心的エネルギーは、目で意識ができる、知識の成長を担い、女性の心的エネルギーは、心の成長であるの成長を担っているのではと思っている次第でもあります。

オンライン診療を取り入れるなど、診療形式を選べるところもありますが、それでも健康不安を抱えている人からすると、心配は尽きないでしょう。 江原啓之 スピリチュアリスト、オペラ歌手。
予言 江原 コロナ

男性的エネルギーは、心的エネルギーを抑えてコンする傾向がありまして、固まりやすく、硬い状況も現れやすくなります。 スポンサーリンク 2062年から来た未来人が東日本大震災を的中させる 3. 「逆に『こうであらねばならない』という執着心を捨てられない人にとっては苦難の年になります。 免疫力アップには、有機野菜などの他、特にウコンを勧めている。

2
このエネルギーは、男性的エネルギーと比べると、柔らかい力によって、や火山なども起こりやすくなる危険もあり、この点について注意しておく必要性もあるかと思います。 衛生面には気を配りつつ、手持ちのものでアレンジして乗り切ることもできるでしょう。
予言 江原 コロナ

家族とは、たましいの世界では学校のようなもの。

20
ちなみにその後、京都に自称2138年からの未来人もやってきました。
予言 江原 コロナ

さらにインド占星術に精通し、2013年にはインドの全国紙を舞台にその占術を発揮した。

この話も難しい話では無く、精神的に「 子供と大人」の関係と言えば、理解できますよね。 占星術師のアビギャ・アナンド(Abhigya Anand)君は昨年8月22日、YouTubeに『2019年11月から2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画を投稿。
予言 江原 コロナ

この話は難しい話ではなく、精神的な意味で「 大人」になる話です。 みなさんにはよく、「睡眠はスピリチュアルな世界への里帰り。

その後に連動して東南海地震が火山の爆発を合図として起き、沿岸の大都市のほとんどが津波それも40 M 級 のものが襲ってくると。
予言 江原 コロナ

人のオーラの上は棒状に伸びており、人々のオーラは、電線の様に繋がっていまして、その先は心の世界である霊的な世界とも繋がっている話をされています。 心理学で言えば、者が提言された、「」です。

江原さんによると、残念ながら 2021年もコロナ禍の影響がまだまだ尾を引き、厳しい年になると発言されています。
予言 江原 コロナ

ただし、忠告しておく。 でも、「それしかダメ」と思い込むのも、工夫が足りないのです。 「マスクやトイレットペーパーの争奪戦が起こるのは、人々の想像力の欠如ゆえです。

10
なるべく起こらないということを願っていましょう。
予言 江原 コロナ

このブログでは、魂の成長として、知識の成長が知識の一つ一つの気づきであり、心の成長である「 」の成長も同じく心からの一つ一つの気づきの話を何度もさせていただいているのです。 幸せな人は、そんな意地悪を絶対にしないからです。

20
より大きな災害は、今年12月20日から来年3月31日まで続くといい、新型コロナウイルスよりも深刻になるといいます。