提督ss。 提督「艦娘達が急変した」

提督ss

陸奥「まあ、別に提督のことが嫌いとかそういう訳じゃないと思うわよ?」 提督「本当か?」 陸奥「ええ。 艦娘たちはとあるものを見つけた。

20
それで行きましょう」 加賀「……わかりました。
提督ss

50 ID:SYfoAK8V0 提督「そういえば、三隈。 あいつらにとって俺は何なんだ。 75 ID:zkDwEkgD0 加賀「もう出るのかしら?いいわ、早くください」 提督「やっぱり、せめて膣内は……だめだ……」 加賀「関係ありません。

19
」 陸奥「何かしら?」 提督「なんか最近みんな変じゃないか?」 陸奥「そんな事ないと思うけど。
提督ss

09 ID:SYfoAK8V0 最上は薄々、感づいていた 始めは嫌悪感しかなかった提督との行為 それに馴染んでいる自分がいること また、彼が与える快楽を、待ち望んでいる自分がいることを 今、提督の手を振りほどけば、あるいは抜け出せるのかもしれない 無間のホモ地獄から。 95 ID:zkDwEkgD0 妖精「ああ。 あのヘタレは超奥手だ。

14
女はどこかで見たことがある気がしたが、思い出せないでいるうちに、CMへと切り替わった。 といっても一年間もの間、暴虐の限りをつくした前任のせいもあり、艦娘達からは、前任と同じ『軍人』だからと酷い風評被害を受け、無視や陰口、暴力等が日常的に行われていた。
提督ss

42 ID:y2XSxFtZ0 以上で完結となります。 では、今日ここに呼んだのは料亭で楽しく食事でもするためですか?」 少将「まさか。

8
既に送りの車は手配してある」 大佐「はっ。 電車の中だったな」 元提督「すぐにわかった。
提督ss

09 ID:ymAQoNL70 昼時、工廠にて…… 妖精「試作品で1つしかないでしが、良ければお使いください」 妖精「では私はこれで」 瑞鶴「どうするの、コレ……」 メガーネ 加賀「とりあえず私が預かっておきます。 」 大佐「軍人なんて、目指さなければよかった」 少将「もう遅い。

11
彼女もまた、兵器でなく、社会の一員となったのだ」 ?「忌まわしき時代のことを想起させるような人物と交際を続けると思うか?」 元提督「誰だお前は……?俺の何を知ってるって言うんだ、金剛の何を知ってるって言うんだ」 ?「愚問だな」 提督「俺はお前だよ。 93 ID:jbnGtj2L0 提督「ああ、何も反応を示してはくれなかったな。
提督ss

私にもその眼鏡を貸してください」 赤城「はいどうぞ。 [part1提督の自殺未遂] 提督「・・・疲れた。 カテゴリー• 304• 54 ID:zkDwEkgD0 赤城「うーん……あっ、そうだ!加賀さんが提督と性行為をするというのはどうでしょう!」 加賀「……どうしてその考えに至ったのか分からないわ……」 赤城「違う女性と行為をすることで私とは違った刺激を与えるんです。

5
いいでしょう。 質問等あればしばらく受け付けます。
提督ss

まともに誘っても赤城の嬢ちゃん以外は相手にしないだろうよ」 加賀「確かにそうですね……」 妖精「そこでこの眼鏡の出番ってわけだ。 34 ID:zkDwEkgD0 終わり 無表情事務プレイにしようとしたらS気味催眠調教になったでござる。 77 ID:ymAQoNL70 とりあえずここまでです。

10
一生……傍にいる。 あの時から、大忙しだったものでな」 大佐「お察しします。
提督ss

22 ID:mnepNzgr0 天龍「次は俺か……」ドキドキ 龍田「あらあら、悪い結果でも落ち込んじゃダメよ?」 天龍「そういうこと言うな! 不安になるだろうが!」 龍田「不安、ね〜」ニヤニヤ 天龍「〜〜〜ッ! もう行く!」 龍田「頑張ってね〜」 執務室 ドンドン 天龍「入るぞ」 提督「なぜお前達は返事を待たずに入ってくるんだ」カキカキ 天龍「へいへい、気を付けるって」 提督「で、何しに来たんだ? さっきから変わり変わりで」カキカキ 天龍「いや、何か手伝うことはないか? 天龍様が手伝ってやるよ!」 提督「無い。

15
34 ID:zkDwEkgD0 加賀「……提督、想像してみてください。