コロナ収束予想。 ワクチン接種によるコロナ収束は8月20日。終息は9月9日。野村総研が試算 (2021年6月4日)

コロナ収束予想

実際に的中していると思います。 100年前なら、こんなウイルスが流行っても、医療は当てにできず多くの患者さんが亡くなって数年で収束しました。 結論、どんなに早くても感染症面での収束は数年かかる。

万々歳と言うと不謹慎かもしれないんですが、さすがに この時期よりも早くコロナが収束するということは、多くの方も考えていないと思います。 でも、接触数を7割減らしたら、 感染者数が<1になり、感染拡大は収束に向かいます。
コロナ収束予想

リーマンショックではお金をばらまくなり、金利を下げるなりと手を打つ要素はありました。

12
そのため一度休業をしていまい他の収益基盤を作ることができなければコロナショックに耐えられず復活することも難しいでしょう。 しかし今回は人と人が接触してはいけないためヒトが回らなくなります。
コロナ収束予想

言い換えると、重症者が増えないで新型コロナが収束 終息 に向かっていているということです。

「ですから完全な集団免疫の獲得は、2022年中、遅くても末までになるでしょう」と、メリンダ・ゲイツ氏は答えている。
コロナ収束予想

論理的に考えると、わたしたちは外出時にはマスクをつけ、手洗いうがいを励行し、人との接触を極力避けて新しい生活様式になじんでいます。 5人に広げるというデータがあるので、基本再生産数、1以下にするためには人との接触数を全国で7割減にする必要があります。

両グループのワクチンは、どちらもメッセンジャーRNA(mRNA)という、これまでに実用化された例のない物質を用いている。
コロナ収束予想

言い換えると、重症者が増えないで新型コロナが収束 終息 に向かっていているということです。 実際には、 若い人や基礎疾患がない人でも、かかった場合に無症状又は軽症で済むかは かかってみないと 分かりません。

12
このような観点か らコロナが例え収束したからといってすぐに経済活動が活発になったり株価が上昇したりすることは考えにくいでしょう。
コロナ収束予想

トランプ米大統領が米国民の接種を優先する大統領令に署名するなど、自国優先主義の動きも出始めている。 コロナ収束後の動きとしてはいち早く経済を取り戻すために、今後も安倍首相が予算を作り企業に対して様々な経済援助をすると予想されます。

日常に戻るのが最も早いのは米国で、21年4月。