メテオ 歌詞。 『妖怪ウォッチ』映画第6弾「妖怪学園Y」主題歌「メテオ」はナユタン星人×ピンク・レディーが担当

歌詞 メテオ

氷結城にたどり着いたダイゴとアミィの前に蝶絶神デーボスが出現。

16
スピーカーの膜のようになった大気の上から破壊のメロディを発し、地球を破壊するつもりなのだ。 。
歌詞 メテオ

蝶絶神デーボスは、氷結城に降臨し、滅亡のエンペラーとして完全復活を遂げると、闇時計によって破滅へのカウントダウンを開始する。 とは、にされたである。 使用しているVOCALOIDは現在の所は初音ミクのみ。

あらゆる感情を源として、デーボスのわずかなうめきと交信し、その意思を代弁しては望みを叶えるために尽力する、忠義深いシャーマン(祈祷師)である。
歌詞 メテオ

二人は兄弟で、カオスはトリンの兄にあたる。

20
某ゲームの影響で「隕石」というイメージもありますが、光の尾をひきながら空を落ちていくのが「流星meteor」であり、正体は宇宙の塵だったりだったりします。 絶滅の弾丸「ホロビレバースト弾」やフレキシバイブルから呪術コマンド実行した「デーボスデストラクション」などの超常的な術で、キョウリュウジャーを完膚無きまでにたたきのめした。
歌詞 メテオ

いろいろとんでもないことになってますw — 日野晃博 AkihiroHino 《吉河卓人》. ギガントブラギオーのブラギオアックスを巨大化せずに片手で受け止める超パワーと、蝶のようにフワリと舞っては瞬時に敵の死角に移動する超スピードを兼ね備えている。

8
そして、邪悪なレコードプレイヤーに人々を閉じ込めて、喜びと哀しみの感情を吸収し、デーボス復活に必要な感情を全て満たすことに成功した。 流星から「キラキラ 無数の光が生まれて」いくさまを。
歌詞 メテオ

地球は守ったものの、ダイゴを失ったキョウリュウジャーは哀しみを隠せない。 キョウリュウジャーに悪のメロディのパワーを浴びせることでその変身を封じて追いつめるが、6人それぞれが最大最後のブレイブを大爆発させ、キョウリュウレッド=桐生ダイゴはデーボスの元に辿り着く。

9
仮面を取って真の姿を現すと、ファンファーレとともに巨大化してプレズオーを圧倒する。
歌詞 メテオ

以降1984年、1990年、1996年、2003年と4度再結成している。

自身の上にさらなる創造主の存在を示唆するも、地球の真のメロディを受けたキョウリュウレッドに敗れ、氷結城とともに完全に絶滅した。 初めは、喜びの仮面を付けた白マントに正体を隠し、哀しみの仮面の黒マント(アイスロンド)とコンビを組んで、濃い喜びを吸収するために暗躍していた。
歌詞 メテオ

ダイゴは、アミィを脱出させ、ひとりでデーボスに立ち向かっていたのだ。 真の地球のメロディに10人のブレイブを合わせた必殺獣電池をデーボスに打ち込もうと進むダイゴとアミィ。

7
(大賞受賞曲)• ピンク・レディーとしては実に15年ぶりとなる新曲で、メンバーのケイこと増田惠子が「ピンク・レディーとしては最後のレコーディングになるかもしれないから、心を1つにして音を入れた」と語るほど魂が込められた「メテオ」は、2015年にボーカロイドが歌った楽曲「アンドロメダアンドロメダ」を動画投稿サイトのニコニコ動画で発表し、一躍人気となったナユタン星人が作詞と作曲を手掛け、ピンク・レディーの往年のヒット曲を彷彿とさせるような、1度耳にすると忘れられない癖になる楽曲となっている。 そのためにキャンデリラとラッキューロ・ドゴルド・アイガロン・エンドルフたち、戦騎と密偵を生み出して、喜怒哀楽、そして怨み、など全ての感情を集めるために画策した。